熱流束センサー

heat-flux

物理学的にエネルギーは密度の高いところから低いところへと流れます。熱も物理エネルギーの一形態ですから、高温部から低温部へと流れます。熱エネルギーの移動の様子を調べるには、単に温度の変化を測定するだけではなく、熱流束値を観察する事により、その特徴が一層はっきりします。速度の変化を測る時の速度計を温度計に喩えるなら、熱流束計は加速度計に相当します。

用途で製品を選ぶ

▼熱流束センサーの種類
gSKIN®
熱流束センサー
「gSKIN®」熱流束センサーは、薄型で高い品質が要求される業務に適する、熱流束センサーです。
PHFS熱流束センサー PHSF熱流束センサーは、ふたつの媒体の間を輻射、伝導、対流で移動する熱エネルギーを測定します。
ユニバーサル
熱流束センサー
熱電対あるいはサーミスタ内蔵モデルは、温度と熱流束の両方を同時に記録するために設計されています。
ミニチュア
熱流束センサー
薄型の熱流束センサーは、センサー自体と通り抜ける熱に反応します。その結果センサーは熱流束の3モード:対流熱、輻射熱、伝導熱の組み合わせに反応します。
熱流束
マイクロセンサー
このタイプのセンサーは差動型のサーモパイルで、抵抗温度センサーと熱流束センサーを窒化アルミ基板上に独自の技術により蒸着した、薄膜デバイスです。応答速度が大変速く、約 6μSec.を実現しました。 また表面温度 850℃ までの測定に対応可能です。
サーモゲージ このタイプのセンサーは輻射と対流による熱流束は高精度に測定できますが、伝導による熱流束は測定できません。サーモゲージは、センサー本体の中心と円周の温度差を測定する差動型熱電対で、水冷型と空冷型があり、水冷型は取り付け場所の自由度が高く、長時間の測定に適しています。
シュミッド・
ボエルターゲージ
このタイプのセンサーは熱伝達の3モード、輻射・対流・伝導の全ての熱流束に対応したセンサーで、航空力学の風洞実験をはじめ様々な用途に使われています。
カタログ請求・見積り依頼